交通事故の被害に見舞われた場合、まず命が助かったことをありがたいと思うはずです。
しかし、その後待ち受けているのは、加害者との示談金をはじめとした交渉です。
常識あるドライバーの場合、必ず何かしらの自動車保険に加入しています。
その為、この交渉の場に出てくるのは、その保険会社の担当者となるのがほとんどです。
相手はこの手についての交渉のプロ、一方の被害者側は、事故に遭うことさえ考えもしていなかった全く知識がない人間です。
普通に考えれば、交渉のペースも、その結果導き出される結末も、ほぼ保険会社が優位に話を進め、それに反論できる材料を提示する術を持たない、被害者が泣き寝入りしてしまう事になります。
これに対処するには、被害者側も、この手の内容に詳しい法律のプロの委任するのが得策かと思われます。
依頼者の不利益にならないよう、交渉に臨んでくれて、妥当性のある根拠と算出した示談金を提示し、それを勝ち取る努力をしてくれるでしょう。
最悪なケースは、当事者同士での話し合いで、これは感情が交渉に大きく持ち出されてしまうため、かえって悪化させてしまう恐れがあります。
そして何よりもダメージを負った体で、この面倒な交渉を行うのは相当な負担となりますので、そういった意味においても法律のプロ、つまり弁護士さんに依頼することをまず第一に考えるべきではないでしょうか。