多汗症の治療のボトックス注射といえば、眉間に出来てしまったシワやカラスの足跡と呼ばれる目尻のシワ、そして口の横のほうれい線などに注射する事で筋肉を麻痺させて動かなくさせるのでシワが軽減する効果があるのはご存知の人も多いと思います。しかしこのボトックス注射は多汗症にも効果があるんです。多汗症の原因は主に発汗をつかさどる自律神経の乱れにより汗をかかなくてもいい時に大量にかくので本人はとても困りますし、多汗症で恥ずかしい思いもする事もあります。汗が出るのは汗腺という所から出るので、多汗症の人にはこのボトックスというボツリヌス菌の注射で汗腺を縮める事で、汗をかかせる伝達物質を伝えにくくするので汗をかきにくなるという仕組みです。