一言でネイルと言っても、ポリッシュやマニキュアとも呼ばれるネイルカラーやジェル・チップなど、本当に色々な種類があります。
また、ネイルカラーの使い方については、ポリッシュ(マニキュア)で爪に色を塗ることです。
ジェルに関してなんですが、これはゼリー状の液になります。
これを爪にのせ、UVライトと呼ばれるものでかためるのです。
なおジェルをのせると爪の強度がアップして、爪が折れにくくなります。
さらに2枚爪になりにくくなります。
チップに関してなんですが、これは両面テープなどで取り外すことができる、つまり繰り返し使うことができるのです。
他にスカルプチュアというものもあるんですが、これは付け爪のことで、折れてしまった爪に対して、長さを出したり、強くしたりするものです。
ジェルと同じく、スカルプチュアを付けても、2枚爪になりにくくなります。
また、カラーやアートなどを付加したスカルプチュアもあります。
こう言った付け爪なら、休みの日にちょっとだけ付ける、というような楽しみ方もできるでしょう。
ネイリストではなくても、ポリッシュで色を塗ることはできます。
ジェルは、ネイリストにのせてもらった方が良いかもしれません。