株式会社いずみホールディングスは食品における流通経路と収益構造に革命をもたらしたと言われている企業です。
生鮮食品の生産者は中間業者によるマージンの搾取により、自分の手取りが減ってしまうという悲劇があります。
また、消費者も食品を買うときにそのコストを支払わなければなりません。
さらに、生産者は卸売業者との売買でしか生計を立てることが出来ません。

このような問題点を解決したのが株式会社いずみホールディングスです。
この企業は、自社物流を構築し、さらに最適化することによって、中間業者を排除することに成功しています。
このことによって生産者は手取りが上がり、消費者は安く買い物をすることが出来るのです。

また、この流通経路にテクノロジーを組み合わせた仕掛けを組み合わせることによって、生産者と消費者の距離をより近づけることにも成功しています。
収穫の様子をインターネットを使った動画配信することで、より商品についての親近感が湧く仕掛けになっているのです。