作業効率の重要性は日々ビジネスの中で叫ばれている常識とも言えるポイントです。
しかし、まだまだ技術革新に社会が追いつけていないという実情もあります。
AIの技術革命が起きているにもかかわらず、それを日々の業務に適合させている企業はまだまだ少ないと言えます。
しかし、この技術革新を使わなければ、深刻化する人手不足に対応する事が出来ません。
そのため、働き方改革を進める事が出来ず社会的な信用を失うことになるリスクを抱える事ができるのです。

不動産業界において、日々の業務の足かせとなっているのが情報更新です。
何故なら、情報更新をするためには、まず情報を集めなければいけません。
インターネットが発達した世の中とはいえ、ブラウザを立ち上げて物件の最新状況を一から調べていくのは大変な労力がかかるものです。
さらに、既存のデータと照らし合わせて情報更新があったものとそうでないものをふるい分ける必要もあります。

そのような労力をロボットの力で解決するのが不動産コボットです。
不動産コボットのサービスは情報収集をするだけでなく、その情報の更新や削除データなどを自動入力します。
そのため、今まで費やしていた作業をすべて不動産コボットに任せる事ができるのです。
ある企業では、1日に2時間かけていた作業が5分で終わったという実績も残っています。
https://kobot.jp/re/lp/index.html