料理研究家の笹部祐佳里は毎日充実した生活を送っています。
そのため、仕事やプライベートなどでは休みなく動いていると言ってもいい状態が続いていたのです。
しかし、このような状態が続いていて、息抜きが無いとも感じていました。
そんな彼女が見つけた最高の趣味とはどのようなものなのでしょうか。

彼女が見つけた趣味というのは「陶芸」です。
趣味にしたきっかけは料理に使うお皿がどうしても気にいるものが無く、「それならば自分で作ろう」と思い立ったというものでした。
陶芸というのは身近にある趣味ではないため、人伝に教室を探し、そこから陶芸ライフが始まったのです。
料理研究家として働いているため、様々な交友関係が笹部祐佳里にはあります。それが活きた形となったわけです。

陶芸をして、まず彼女に訪れた変化は「リラックスした時間を作ることができた」ということが挙げられるでしょう。
陶芸は土に常に触れるため、自然と心が落ち着いてきます。
また、ザワザワと心が騒いでいる状態では良い作品が出来ないため、集中力も高まります。
クリエイティブな環境でありながらリラクゼーションも感じられるため、笹部祐佳里は新しい自分を見つけることが出来たのです。