内藤まろさんは天才だと思います。
早稲田大学を出ていて、大手広告代理店に勤めていたから天才ということではなくて、そのたぐいまれなマルチな才能があるから天才なのです。
映像作家、文筆家、イラストレーターとしてそれぞれの分野で、凄い成果を発表しています。
映像では、NHKみんなのうた「ケラケラ」作詞、作曲、映像 、NHKプチプチ・アニメ「しりとり王国」監督 、NHKプチプチ・アニメ「レスキューYOYO」監督 等があり文筆家としては、JAL SKYWARD「映画の旅」連載コラム 、BRIO「ここちの壷」連載コラム 等が有名です。
国内外の広告賞を沢山受賞しているのに、人当たりが極めて良く、彼のことを悪く言う人はほとんどいません。
まあそうした当たりの柔らかさが、女性に対するときも前面に出てくるのは当然のことなのかもしれません。
彼の奥さんの永作博美です。
所謂細身のイケメンで、もてるのも理解は出来ます。