ビットコインとは、インターネット上のサイトなどで使える仮想通貨です。
仮想通貨というと電子マネーを連想しますが、似ているようでいて電子マネーとは厳密な違いがあります。
電子マネーは発行元の事業者や管理先が存在し、あらかじめ預けた現金で効率よく精算するシステムです。
マネーと言いますが、電子マネーは実際にはお金ではなく、プリペイドカードをお財布代わりに持ち歩いている状態です。
しかし、ビットコインには発行主体がありません。
特定の管理者は存在せず、通貨の発行はプログラムが行い、取引はインターネット上で行われます。
国や銀行、会社などのグループなどといった関係性にとらわれず世界中どこでも取引ができるため、利便性が非常に高いのが特長です。
送金のスピードが早い、送金手数料が安い、匿名性が高い、個人間での直接取引が可能などのメリットがあります。
例えば海外に送金を行う場合、従来の方法だと高い手数料を取られ金額が実際に銀行口座に反映されるまでには、1~2週間程度かかります。
しかしビットコインで送金すると即日反映され、手数料もほとんどかかりません。
ネットショップのワンクリック決済と同じような感覚で送金が可能です。
認知度が低く、日本では使えるサイト数も少ないのが現状ですが、海外では決済手段として流通が広がってきています。