私は、電車を利用して、千葉県から東京に向かって通勤している者です。
私は身長が175センチと、今の若い人たちとの比較では少し高いくらい、同年代の50代の人たちとの比較では高いほうに属します。
電車に乗っていて気がつくことは、周囲の中高年の二人に一人は髪の毛の薄さがめだち、女性も上から見下ろした場合、少々薄くなり始めていることです。
頭のてっぺんが円形で薄くなっている人もいれば、前から禿げ上がっている人もいます。
どちらにしてもその薄さが目立つことに変わりはなく、特に、これからの暑い季節は、帽子やカツラが着けず楽なる野で、なお目立つだろうと、思われます。
では、どうして毛が薄くなってしまったのでしょうか。
それは、髪の毛の保護・管理だけの問題ではなく、色々な問題も絡んでいるそうです。
現代人はストレスの多い時代に生きています。
そのストレスが髪を抜けさせたり、髪を細くさせたりしているそうです。
また、シャンプーの中に含まれている微量な薬品も頭皮を傷つけているのだそうです。
では、薄い髪を豊かな髪にするためにはどうしたらいいでしょうか。
そこで注目したいのが育毛シャンプーです。
他にも育毛剤はいろいろありますが、しばらく頭皮に残る代わりに、頭皮を傷めてしまうことがあるそうです。
しかし、シャンプーで育毛する場合は、お湯に流して頭皮の表面からシャンプーがなくなってしまうのです。
また、シャンプーの場合、ほぼ毎日行うことになるため、忘れてしまうことがなくなります。
育毛は、短い期間で成功するものではありません。
1ヶ月や2ヶ月、時には、1年以上もかかって育てはぐくむものです。
そうやってじっくりと育った髪は、まさに本当の髪といえるものとなっていて、もう抜けたりしないものです。
電車に乗っている私と同世代の男女のみなさんが、シャンプーによる育毛に成功し、生き生きと若々しく生活する、アンチ・エイジの社会が訪れることを願っています。このホームページにも情報があります