合同会社とは、2006年に施行された会社法で新しく許可された会社の形態のことです。
その代わりに有限会社を新しく設立することはできなくなりました。
合同会社のメリットは、出資額を限度で有限責任をおうことです。
合名会社は無限責任をおうことになりますし、株式会社が所有と経営が分離されているため、何か重大な決定は株主総会を開いて決めないといけないので、それに比べ合同会社は会社運営の自由度は高いと言えると思います。
合同会社設立は、登録料が株式会社の半額など費用も安く、公証人による定款認証が不要でスピーディーなのでメリットは大きいです。
一人で立ち上げるにはもってこいだと思います。
今は、合同会社設立を専門に依頼できる事務所も多くなってきているようです。
※ここも参考になります